風間龍之輔 歯学博士 | 歯科医師向け講習会のご依頼について

風間龍之輔 歯学博士

CERECオンラインセミナーのご案内

お知らせ

新型コロナウイルス感染症の影響から、現在のところすべてのセミナーをオンラインで開催いたしております。講習内容から実習、デモンストレーションまで、これまでと同様の学習効果が得られるよう、各種教材の準備を致しております。是非この機会にオンラインでのご受講をご検討ください。

CERECトレーニングコース 概要図

―― CEREC導入の不安や、導入後のお悩みありませんか?

「何から勉強すれば良いかわからない」
「揃える機材とその使い方を知りたい」
「CERECインレーの適合が悪い」
「破折が多発する」
「術後の咬合痛、知覚過敏で困っている」
「自費セラミック修復の説明の仕方がわからない」
「スタッフ教育ができない」
「患者さんにおすすめしても選んでもらえない、症例が増えない」

―― なぜ、このような問題が?

・これまでの保険診療や間接法修復のまま、セレックを応用している
・CERECの使用方法、セラミックの形成、接着、研磨を知らない

理由はこの2点に尽きます。

風間龍之輔主催のセミナーを受講することにより、以下のようにCEREC臨床が変わります。

「スタッフによる患者説明の質が向上し、自費修復の制約に繋がった」
「術後の知覚過敏、咬合痛、破折などの臨床不快症状、失敗が無くなった」
「自費セラミック修復の症例数が増加し、保険の金属修復が減少した」

講師の風間龍之輔は1999年から国内外の大学において、歯科用CAD/CAMによる即日セラミック修復(CEREC)の臨床、研究、教育をおこなってきました。特にスイスチューリッヒ大学で開発者から直接学んだ臨床技術は、臨床のあらゆるトラブルを解決します。また、豊富な研究データに裏打ちされた患者様への説明方法を先生ほか医院スタッフ様にわかりやすくお伝えしいたします。風間龍之輔の主催する各種セミナーを皆様のセレック臨床の問題解決にご活用ください。

本セミナーはZoomアプリケーションによるオンライン開催です。遠方まで出向かずに、会場での受講以上の学習効果が得られるよう、大学教育レベルの実習体制をご準備致しております。オンライン受講のコンピュータやタブレットの設定も一からご説明致します。

SEMINAR

歯科医師対象のセミナー

CEREC初心者対象

臨床テクニック基本3コース あらゆるCAD/CAMユーザー向け

臨床テクニック基本3コースの実習は模型を事前に参加者に送付し、返送いただくことでチェックと修正作業をオンラインで行います。(CERECユーザー以外も対象です)

医院スタッフ対象のセミナー

CERECソフトウェアの操作方法解説 歯科医師、歯科技工士向け

MESSAGE

ごあいさつ

Ryunosuke KAZAMA, DDS, PhD

風間龍之輔 歯学博士

院長の風間は1999年の歯科医師免許取得と同時に歯科用CAD/CAMシステムを応用したセラミック治療についての臨床応用と研究を新潟大学にて開始いたしました。当時、日本国内はもとより世界的にも臨床応用例や基礎研究結果も少なく、大学での臨床・研究活動も試行錯誤の連続でした。以来20年に渡り多数の研究報告、臨床実績を積み上げ、現在では国内外の歯科企業の依頼により講演、執筆、教育活動を行っております。自身で主催する歯科医師向け教育セミナーも2008年より10年を超える実績を有し、当院内、院外において多くの講習会の予定を組んでおります。歯科用CAD/CAMシステムによるセラミック修復の講習をご希望の方は是非お問い合わせください。

CAREER

略歴

2004年 新潟大学大学院医歯学総合研究科修了(歯学博士)
2008年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科部分床義歯補綴学分野(特任助教)
2010年 チューリッヒ大学留学(客員研究員)Prof.Mörmannに師事
2013年〜2017年 広島大学統合健康科学部門口腔生物工学(兼任非常勤講師)
2011年〜現在 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科部分床義歯補綴学分野(非常勤講師)
昭和大学歯科補綴学教室(非常勤講師)

ACADEMIC SOCIETY

所属学会・専門医資格・役職

日本歯科保存学会(専門医)
接着歯学会(代議員)
日本歯科審美学会(認定医・代議員)
日本歯科デジタル学会(代議員)

OTHERS

そのほか

2006年 CEREC 20周年記念シンポジウムポスターアワード受賞
2007年 FDI ポスターアワード受賞